プロミスで借りるときの審査の流れって簡単ですか?必要書類は?

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの審査の流れは似て非なるものです。

それぞれ、ネット申し込みのメリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングのネット申し込みのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデネット申し込みのメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融のキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、プロミスの審査の流れには総量規制というものがあり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、プロミスのカードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で審査の流れもわかりやすく手軽に借り入れることができます。

参照:http://www.fsqylaw.com/promise/promiseflowoftrading.html

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンの審査の流れよりも高金利と言われています。

消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンの審査の流れは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの審査の流れの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンの審査の流れの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるネット申し込みのメリットもあります。

プロミスの審査の流れには貸金業と言う法律があり銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦はプロミスの審査の流れに申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、プロミスの審査の流れにあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンの審査の流れよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のプロミスの審査の流れをみるとサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査の流れが通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。