家庭用脱毛器にデメリットはある?不具合と安全性は?

センスエピ(SensEpil)はイスラエルで開発された家庭用のフラッシュ式脱毛器です。

カートリッジ交換不要(※本体のみで5万回照射可能)という手軽さが受けています。

出力は5段階調整可能で、搭載されたスキンセンサーが照射に適した肌色かどうかチェックしてくれるので、肌トラブルを避けやすいですね。

顔から首筋、うなじまで、微妙に肌の濃淡が違うところも最適かつ安全に脱毛できます。

女性の手に収まりやすい小さなサイズでコードも柔らかいので小回りがききやすく、位置を選ばず脱毛しやすいと言われています。

ただ、口周りなど細かい部分への照射も考慮された製品のため、照射面積が小さく、大きめヘッドの脱毛器と比べると、広い範囲の処理は時間がかかります。

この価格帯では広さと細かさの両方に対応するのは難しいと思いますので、特徴を考慮した上で購入するのがいいでしょう。

amazonで脱毛器を検索し、評価順で並び替えると上位の商品がVekiaとOudayの商品で占めています。

商品画像を見る限りVekiaとOudayの同一商品にしか見えないのですがどういうことなのでしょうか?Vekiaから販売されている脱毛器はIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

一方、Oudayというメーカーの脱毛器もIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

ちなみにどちらの脱毛器も重さは581gです。

商品説明の画像は違うのですが、商品自体はやはり同じように見えます。

1位の商品に450件以上のレビューがついていて、評価は星5です。

他の同一商品も星5という評価になっています。

評価が偏り過ぎと言う点と、投稿時期がほぼ同じ点から、やらせを疑うレビューもあります。

口コミを鵜のみにしてしまうと言う方もいるかもしれませんが、口コミを見極める力を持つことも大切です。

ここ数日間、自宅用脱毛器の人気が注目を集めています。

事実、お家に居ながら、気軽に自己処理が行えるので、愛用者が増えているのはわかりますよね。

これは、前と比べて、マシンの性能が格段に良くなっているのも人気の理由としてかんがえられます。

脱毛器の中では、最も新しい光脱毛システムによって脱毛するパワーがとても高くなっているものもあります。

例えば、ソイエやアミューレなどの脱毛器は、脱毛方式は泡脱毛です。

泡で包みこみながらムダ毛を処理することで、肌へのダメージは減らすことができ、痛みの抑制に繋がります。

注意する必要があるのは、脱毛の部位で、毛を直接毛穴から抜くので、中にはそれを痛いと感じる人もいるでしょう。

処理後に気になってくるのは大多数の人が肌が赤くなることに悩まされるということです。

動作音の大きさは脱毛器によって違うので、動作音が大きいものを購買してしまうと騒音に感じることがあります。

アパートで使用する場合、深夜に使用すると隣人に迷惑となる事例もあるので、注意する必要があります。

動作音が気になるのであれば、できるだけ動作音の小さなものを選択するようにしてください。

昨今では、どの季節でも、薄着の洋服の女性の数が増加しています。

あなたたち女性は、体毛の脱毛方法に事あるごとに頭を悩ませていることでしょう。

ムダ毛の脱毛方法はたくさんありますが、一番オススメする方法は、なんといっても、自宅での脱毛がいいですよね。

現代では、どんな季節でも漏れなく、薄手のファッションの女性が多くなっています。

多くの女性は、ムダ毛の始末に毎回四苦八苦していることでしょう。

ムダ毛の脱毛方法は色々と知られていますが、もっとも簡単な方法は、やはり自宅での処理ですよね。

昨今のところ、季節には左右されず、あまり重ね着をしない女性が多いようです。

女性の方はみなさん、ムダ毛の脱毛の方法について毎度毎度と頭を悩ませていることでしょう。

ムダ毛を処理する方法はいろいろとありますが、いちばん楽な方法は、結局は自宅で行う脱毛ですよね。

最近の傾向では、どんな季節でも、洋服は薄着という傾向の女性を見かけることが増えてきました。

女の人は、ムダ毛処理の方法に大変ですね。

ムダ毛処理の方法はいろいろですが、最も簡単にするには、自宅でする脱毛ですよね。

初回脱毛器を使用する人が気がかりなのが痛みだと思います。

痛くない脱毛器も存在すれば、刺激を強く感じる脱毛器もあります。

また、太い毛や皮膚の弱い場所を脱毛した場合には、強い刺激を感じることが多いです。

使用する部位や肌の状態を考えて出力を選ぶことができる脱毛器を探すのがオススメです。

家庭用の脱毛器ケノンは、派手なCMなどは見かけませんが、楽天市場の脱毛器ランキングで160週間もの間、1位をキープしつづけています。

参考:ノーノーヘア効果ない?本音の感想口コミ【脱毛体験1カ月後】

国産なので外国製品にありがちな初期不良もありませんし、コストパフォーマンスが高く、宣伝費をかけない分、機材改良や付属品に工夫を凝らしているようです。

一度に照射する範囲を広くすると時間が短縮できますし、狭くすればホクロやシミなどを避けて細かな脱毛が可能になります。

充電式だとかさばって重たくなるためコンセント式なのでコンパクトな本体は手にフィットして、脇など凹凸があって注意が必要な場所もラクに脱毛できます。

6連射やハイパワーのワンショットがセレクトできるので自己処理の時間が格段に短くなったという声もありますし、狭さや障害物を避けた照射が容易なので、脱毛可能な部位が多いので、複数のマシンを揃える必要がないのも魅力です。

脱毛のためにレーザーを使うのは、脱毛をしたい部分にレーザーを当てて、ムダ毛を生み出す細胞組織を破壊するやり方です。

エステなどの光脱毛に比べると威力が大きく、肌に悪影響を与えることがあり、強く痛みを感じるケースもあるでしょう。

医師の監督のもとに行うことになっていますが、普通の家庭でも使えるレーザー脱毛器も売られています。

無駄毛処理から卒業したい、水着を着るのでムダ毛をどうにかしたい。

そんな人におすすめなするアイテムが家庭用脱毛器です。

ただし、家庭用脱毛器にも効果のあるものとないものがありますので注意が必要です。

家庭用脱毛器を買うなら、脱毛サロンでも採用されている光脱毛と呼ばれるタイプの脱毛器がオススメです。

ソイエなど、毛を引き抜くタイプの脱毛器は、ただ無理やり毛を引っこ抜いているだけですので、一時的にはツルツルにはなりますが、原理上、次第に生えてこなくなるという期待できません。

また、ノーノーヘアーという製品は毛を熱線のようなもので焼き切っているだけですので、カミソリで処理するのとやっていることは一緒ですので当然伸びてきます。

脱毛器のソイエを使用した人の口コミや評判は、あまり良いとは言えません。

さらに、ソイエは長期的に見ると推奨できない脱毛器です。

なぜなら、ソイエは毛を掴んで抜くタイプの脱毛器だという事実があるからなのです。

脱毛は可能ですが、毛を抜き続けても、ムダ毛の減少は期待できません。

脱毛器は手頃なところで1万円程度のものもあれば上は10万円くらいするものもあって、上下の幅は広いです。

では、価格が高いほど高性能かというと、メーカーの知名度や付属品の数、強気の価格設定などによっても違いますから一概には言えません。

でも、安いものはそれなりの性能でしかないケースが多いですね。

安いからといって効果のない脱毛器にお金を出すなら安易に購入しないほうが良いです。

口コミサイトや実際の使用者によるレビュー投稿などをよく参考にして判断するようにしましょう。